2017年11月27日

タオル棚を使った収納

ここちよい毎日と水まわり

毎日の生活に欠かせないタオルをすっきりと整えて、ホテルのような心地よい水まわりにスタイルアップしてくれるアイテム、タオル棚。
機能だけでは楽しくないから、デザインにもこだわって。「整える」・「掛ける」・「備える」さまざまな用途に合せ、ここちよい毎日と水まわりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

R4605-500

タオル棚

ストックのタオルを使う時にサッと取り出せるのが便利なタオル棚。
スッキリとしたデザインながら、エレガントな雰囲気を醸しだす4600 シリーズ
錆びにくいステンレス製のバスルームアクセサリーは機能的かつ柔軟に、様々な水廻り空間で活躍してくれます。

R1775_img3

コンビネーションタオル棚

タオル棚とタオル掛が一緒になったコンビネーションタオル棚は、一台二役の優れたアイテム。上段の棚には取替え用のバスタオルをストックし、下段のバーには使用するタオルを掛けたり、乾かすのに利用したりと空間を無駄なく、スッキリと整えてくれるアイテムです。

item01.
重厚感のあるフォルムが洗練された空間にR5205

item.02
角のないフレームが柔らかな印象をあたえてくれるR6205

item03.
主張しないプレーンなデザインが魅力的なR2205

itme.02 
昔ながらのデザインが、どこか懐かしいR725

豆知識:タオルのサイズについて

毎日使っているタオルですが、実は用途に応じてサイズが色々とあります。
知っているようで知らなかったタオルのサイズ。知れば整理整頓が楽しくなるかも?!

タオルハンカチ 約 15×15~30×30cm ポケットに収まるサイズで、ハンカチと同じ大きさ。
ウォッシュタオル 約 30-35×34-45cm ゲストタオルやハンドタオルとも呼ばれる、手や顔を拭けるサイズのタオル。フェイスタオルより幅広くやや厚めのタオルです。
フェイスタオル 約 34-35×75-90cm 顔や手を拭くのに最適。タオル掛やタオルリングに掛けて使えるサイズ。
スポーツタオル 約 20-40×100-130cm 顔の汗を拭くのにちょうど良い幅なのがポイント。
バスタオル
大判バスタオル
約 50-75×100-130cm
約 75-100×130-200cm
入浴後やシャワーを浴びた後に使うバスタオル。大判サイズは、すっぽりと体を包み込んでくれるので、肌掛けとしても使用が可能。