ピックアップ

質感とフォルムで遊ぶ信楽焼の手洗器

2018年11月09日掲載

時の移ろいを楽しむ
信楽焼の手洗器

リラインス・オリジナル手洗器モノクロームシリーズは、「しっとり」とした質感と陶器ならではの味わいを大切に表現した信楽焼の手洗器です。単一で表現された日本古来の和の色は、限られた手洗いスペースに安らぎをあたえ、バラエティーに富んだシンプルな形状は、モダンな印象の中にもどこか温もりのある空間に仕上てくれます。

家族もお客様も使うことの多い手洗い空間だからこそ、長く心地よく使い続けることができるものを選ぶ。
年月を重ねるごとに暮らしに馴染み表情を変える信楽焼の手洗器で、こだわりの空間を演出してみてはいかがでしょうか?

フォルムで、色で選ぶ。
空間の印象を変える、モノクロームシリーズ。

手洗いだけでなく洗顔や歯磨きなど、洗面にも安心して使える奥行400の幅広タイプ|LSM2-xx

LSM2-TU(艶白)
置き型手洗器
Φ400 H160
¥47,600(税込¥51,408)

シンプルなボウル型の形状と、陶器ならではの厚みがちょうど良いバランス|LSM3-xx

LSM3-MO(素白)
置き型手洗器
Φ270 H108
¥26,600(税込¥28,728)

安定感のあるボディーから緩やかに広がったエッジが、軽やかな印象的なを空間に添える|LSM4-XX

LSM4-TA(淡黄)
置き型手洗器
Φ326 H120
¥26,600(税込¥28,728)

丸と角が交わった半円型のすっきりとしたフォルムが、スタイリッシュな雰囲気を空間に醸し出す|LSM4C-XX

LSM4C-MO(素白)
置き型手洗器
Φ330 H125
¥29,400(税込¥31,752)

省空間にピッタリな奥行260のコンパクトサイズ|LSM4S-XX

LSM4S-TU(艶白)
置き型手洗器
Φ260 H91
¥24,900(税込¥26,892)

置き型にも、半埋め込み型にもできるリブ付き|LSM5-SU

LSM5-SU(墨染)
置き型手洗器
Φ275 H109
¥36,000(税込¥3,880)

和からモダンまでテイストを選ばないシンプルな桶型のフォルム|LSM6-xx

LSM6-SU(墨染)
置き型手洗器
Φ270 H115
¥28,500(税込¥30,780)

幅を取らない奥行240のコンパクトサイズ。エントランス横のちょっとした手洗いに|LSM6S-xx

LSM6S-TU(艶白)
置き型手洗器
Φ240 H115
¥24,500(税込¥26,460)

信楽焼の歴史

良質な陶土を得られる恵まれた土地、伝統技術、職人たちの知恵に支えられ多くの人々に愛されてきた、日本六古窯の一つに数えられる信楽焼は、天平時代、聖武天皇が紫香楽宮(しがらきのみや)を作る時に、瓦を焼いたのが始まりと言われています。
鎌倉時代中期には水瓶。安土桃山時代には茶の湯の発達により、茶道具等の名品が生まれ。江戸時代には徳利や土鍋など、いろいろな生活用の器が作られ商業としても発達。 大正時代から戦前まで火鉢は各家庭で多く愛用されました。生活スタイルが変化する中、時代に溶け込み人々の暮らしと共にあり続けた信楽焼の素朴な風合いは時を経て、現在は花器や食器、置物やタイルまで、幅広く住宅やインテリアに使われるようになりました。1976年、信楽焼は国の伝統工芸品として指定され、狸の置物が代名詞にもなり「陶器の町、信楽」としても親しまれ、陶器本来が醸し出す心地よい温かさを日々の暮らしにもたらしています。

信楽焼の製造工程

1:陶土
土は信楽周辺で産出される粘土を使用。木節(きぶし)や実土(みづち)、蛙目(がいろめ)など様々な性質をもつ土や原料を砕いて、水分と一緒に良く練ることで更に良質の陶土を作る。
2:土練り
でき上がった陶土を練る。
3:成形
手びねりやろくろ、押型によって成形。
4:乾燥
割れないように天日または乾燥施設で乾燥させる。
5:素焼
窯で500度から800度の温度をかけ焼く。
6:絵付
手描きで下絵付を施す。顔料には鬼板か呉須を用いる。
7:釉掛け
長石や石灰石、珪石、酸化鉄などを調合し、エアガンや筆、ひしゃくなどで釉薬を施す
8:本焼
窯で1200度から1300度で再び焼く。

 

天然の水晶を使用した美しいカウンター:Fiore Quartz Counter

2018年07月26日掲載

表面硬度が硬く、色滲みの心配が少ないフィオレクオーツは、洗面からキッチンまで幅広く水まわりにご使用いただけるカウンター素材です。
天然石ならではの質感と高級感をもつフィオレクオーツ・カウンターで、気品のある美しい水まわりを演出してみてはいかがでしょうか。

Fiore Quartz Counter:フィオレクォーツ・カウンターの魅力

天然水晶が放つ輝き
主成分93%が天然水晶からなるフィオレクオーツ。樹脂を配合することにより天然石の高級感や質感を損なわずに、自然素材の欠点である脆さや汚れのしみこみをカバー。天然水晶の独特な輝きと艶やかさが水まわりに高級感を演出します。

耐汚染性
フィオレクオーツは収水率0.03%未満と汚れが染み込みにくく、ペッパーソース、オリーブオイル、化粧品等、その他日用品による染みに対して高い耐性を持ってるため非常に衛生的です。(参照:御影石:0.15%、大理石:0.09%)

耐久性
表面の傷つきにくさを示すモース硬度は、ダイヤモンド10に近い「7」と非常に硬く、日常の使用では傷がほとんど付かず磨耗に強く、ツヤ変化が起こりにくいため、美しさを長く保ちます。(参照:天然御影石:モース硬度6、天然大理石:モース硬度3)

清掃性
普段のお手入れは、水拭きや、台所用中性洗剤を布につけて拭くだけで大丈夫です。天然石の質感と人工石の機能性といった両方のメリットを兼ね備えた清掃性に優れた素材です。

LINE UP

EBSR650_TR_img1

上品でシックな印象のトリュフ。

TR(トリュフ)
SH(サンディーヘイズ)
slide04

ガラスのかけらを散りばめたような風合いが、空間を爽やかな印象に仕上げるブランソルベ。

BS(ブランソルベ)
SG(サンドグラス)
CB2NS_CB_img1

深みのあるパープルレッドの大き目の粒が華やかさを演出するクランベリーソルト。

MS(メイプルシュガー)
CS(クランベリーソルト)
CB(カシューブラウン)
CB1-SPimg1

宝石の粒を散りばめたようなキラキラとした輝きが特徴的なジュエルブラック。

JB(ジュエルブラック)
JS(ジュエルシルバー)

美しい輝きと優しい入浴感:琺瑯バスタブ

2018年05月09日掲載

人工大理石や樹脂系のバスタブでは体感する事ができない滑らかな肌ざわり。
原点でありながら究極の素材、琺瑯。伝統製法から生み出された素材は環境に優しく、保温性に優れた、人にも優しい浴槽です。
琺瑯バスタブで極上のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

琺瑯バスタブを選ぶ4つの理由

1. 優れた保温性で心地よい入浴感
鋳鉄製の琺瑯バスタブは熱伝導率に優れお湯が入っている部分だけではなく浴槽自体が温まるため、浴槽全体で包み込むように体を芯から温めます。お風呂あがりも体温の低下が少なく、急な湯冷めがありません。

2. 優れた耐久性
厚さ5mmの頑丈な鋳鉄母材の上にガラス質の琺瑯が密着することで、琺瑯層の対衝撃性をUP。仕上げに透明釉薬を使用することで耐アルカリ性、耐酸性薬品にも非常に強く、長期にわたり使用しても変形がなく耐久性に優れています。

3. お手入れ簡単いつまでもクリーン
ガラス材でコーティングされた琺瑯バスタブは表面硬度が高くキズが付きにくいため雑菌が残りにくく、またその表面平滑度はアクリル浴槽の約1.5倍、FRP浴槽の約5倍と非常に滑らかなため、汚れにくく付着する細菌の数も極めて少なく、とても衛生的です。変色や色褪せの心配もなく美しい透明感をいつまでも楽しめます。

4. 伝統製法からうみだされたエコフレンドリーな素材
主材料となる中心部材の鋳物はリサイクル性の高い「鉄」、表面のコーティングは「硅石(けいせき)」を主成分とし、リサイクル率89%と地球環境にも優しい素材です。

豆知識:入浴温度と効果について

入浴は、体の血行をよくし、老廃物や余分な水分を排出し、心や体をリラックスさせてくれます。
入浴温度をうまく使い分け、心も体もスッキリと快適なバスタイムを。

  • 42度以上 高温浴。朝、目覚めた時や眠気を覚ましたい時などに浴びると、精神が高ぶり交感神経が緊張する
  • 38~42度 適当な温度。血行がよくなる
  • 37~38度 ちょっとぬるめ。気分が落ち着き、脈拍数が減り、血圧も低下する
  • 34~37度 血圧や心拍に変化がなく、カロリーも消費しない
  • 24~34度 体の熱生産が始まり、カロリーが消費される温度。プールと同じくらい
  • 24度以下 冷たく感じる

参考文献:「正しいお風呂の入り方」快適お風呂倶楽部

Dornbracht ドンブラハ特集 vol 2

2017年12月25日掲載

最近の水栓金具は、機能性もデザイン性も高く、国内メーカーはもとより海外ブランドまで、商品バリエーションは豊富です。
水まわりの印象を大きく左右する水栓金具は、同じ物を使っていたとしても、コーディネートや暮らし方によりその品の表情はまったく異なります。好みのデザインの水栓金具で、水まわりをスタイルアップしてみてはいかがでしょうか?

series #1 Tara.[タラ リファイン〕
ドンブラハの革新的でモダンな水栓金具の原型となったTara(タラ)を、進化させたシリーズです。
美しいカーブを描くグースネックと、特徴的なクロスハンドルはドンブラハの代名詞とも言えるデザインです。ヨーロッパの歴史において、美の基準の一つとされているシンメトリーなスタイルに磨きをかけ、クロムメッキだけではなく、マットブラックやプラチナマットなど、カラーバリエーションも豊富。クラシカルな魅力はそのままに進化を遂げた、ドンブラハの基準であり続けるシリーズです。

Product design: Sieger Design

series #2 IMO[アイエムオー]
“In My Opinion”の略語を意味するIMO。ユーザー個々の生活観に焦点をあて、ユーザーの生活感やインテリアスタイル、趣味など、自分らしさを空間に表現したいと考える全ての人のために作られました。すっきりと直角に伸びたハンドルと、丸みを帯びた吐水口。平面と曲面が調和したモダンでハイブリッドなデザインは、シンプルだからこそ使い手の個性が際立つ逸品です。

Product design: Sieger Design

series #3 LULU[ルル]
角を落とした滑らかなフォルム、真っ直ぐに伸び上がるスレンダーなボディ、丸みを帯びたバルブは、フランスの遊び心のあるライフスタイルやファッション、人生の楽しみを表現しており、その佇まいはバスルームの域を超えたイマジネーション溢れる空間を演出します。官能的で柔らかな細身のシルエットが、洗練された存在感を醸し出します。
シリーズ名のLULU(ルル)には、「イヴ・サンローラン」のミューズだった、Loulou de la Falaise(ルル・ド・ラ・ファレーズ)へのオマージュが込めれられています。

Product design: Sieger Design
* iFデザイン賞、国際フォーラムデザイン、受賞

series #4 MEM[メム]
「自己」を意味するエスペラント語のMEMをアイデアに、水まわりを自己との対話、癒しと再生の場所と捉え、全てをシンプルにデザインしました。シャープでエッジが効いたスクエア状のスパウトから流れる水は、流麗で官能的。水をデザインするドンブラハならではの逸品です。

Product design: Sieger Design
* ハノーファー国際フォーラムデザイン、レッドドット賞、その他多数受賞

series #5  Lissé[リセ]
“Lissé” はフランス語でスムーズを意味し、抵抗を全く感じさせないハンドルの動きは、ジャーマンクオリティーの高さを感じさせてくれます。Lissé の é ( ‘)acute accentからインスピレーションを受けた、すっと伸び上がった握りやすいバルブが特徴的。円柱と薄くフラットなスパウトを組み合わせた L字型のボディは、水まわり空間に洗練された佇まいを印象づけます。

series #6 CL.1[シーエル・ワン]
新たなブランドコンセプトとなる ”Culturing Life” の頭文字をとり生みだされた最新シリーズ。ボディからスパウトに向かい滑らかに伸び上がるその形状は、優雅な曲線とダイナミックかつスポーティーな平面との調和で構成され、スタイリッシュで創造的な空気感を漂わせます。複数の穴から流れ出る水は、優しく包み込んでくれるような感覚になる上、水跳ねも軽減できます。毎分3.9ℓと節水効果も高く、環境にも優しい卓越された設計です。

ビレロイ&ボッホ特集 vol.2

2017年12月18日掲載

ビレロイ&ボッホの美学が漂う逸品、MEMENTO 2.0が新登場。
昨今主流のミニマルデザインとは一線を画すシンプルな中にも温もりを感じさせるデザインが特徴の洗面器です。
新作MEMENTO 2.0は、高品質・プレミアムデザインを実現するため、ドイツのマイスター精神が創りだした革新的な新しい素材チタンセラムが使用されています。従来のセラミック素材と比較し、収縮率が低いチタンセラムは寸法精度を向上。陶磁器では表現する事が難しかった 「明確なエッジ」 と「薄さ」 を再現。デザインの自由度を広げています。

品番:4A07.60.01
価格:140,400(税込)
寸法:W600 H140 D420
材質:チタンセラム
仕上:ホワイトアルペン
※オーバーフロー付

Druck

What is TitanCeram : チタンセラムとは・・・

長石、クオーツ、粘土、二酸化チタンなどの天然原材料を調合することにより生まれた特殊化合素材。硬質で耐久性に優れ、汚れもつきにくく、清掃性に富んだ材質です。

優れた製品設計が実現可能に

    • 印象的で正確な形状
    • 明確なエッジ
    • 繊細な形状

高品質

    • 耐久性
    • 耐熱性
    • 清掃性

チタンセラムを使用した、その他の商品

重厚感のあるボディから、軽やかな輪郭へと変化するフォルムが空間を洗練された印象に仕上げるAccent アセント

ビレロイ&ボッホ特集 vol1

2017年11月27日掲載

日本ではテーブルウェアーとしてのイメージが強いビレロイ&ボッホが洗面器も製作していたことをご存知だったでしょうか。
創業260年余り、世界を魅了し続ける確固たるものづくり精神は、「デザイン」「品質」「伝統」「技術革新」をキーワードとし、枠にとらわれることなく築き上げられた様々なスタイルは、代表的なテーブルウェアからバスルーム製品に至るまで、普遍的で気品に満ち溢れたプレミアムな空間を演出してくれます。ヨーローッパの歴史と美意識の融合、タイムレスなデザインは、生活空間にあきのこない快適さと上質な時を提案します。

series#1 直線的なデザインが、生活空間にモダンな雰囲気をもたらすMEMENTOメメント

series#2 重厚感のあるボディから、軽やかな輪郭へと変化するフォルムが空間を洗練された印象に仕上げるAccent アセント

4178.41.01

series#3 シンプルなデザインが魅せる最大限の自由度をコンセプトに生まれたARCHTECTURA アーキテクテューラ

4125.41.01

series#4 機能と遊び心を兼ね備えた豊富なラインナップが魅力のLOOP&FRIENDS ループ&フレンズ

5149.01.01

series#5 緩やかな曲線で構成される柔らかなフォルムが使い手をつつみこむMy Natureマイネーチャー

4110.60.3R

series#6 レリーフが刻まれた華やかなデザインと贅沢な質感が流麗なHommageオマージュ

7102.63.R1

ビレロイ&ボッホの「白が映える美しい洗面器」で水まわりで過ごす時をもっと豊かに。

 

世界中でAlapeが選ばれる理由

2017年11月13日掲載

ドイツ北部、今なお残る中世の街並みにより世界遺産にも登録されている街ゴスラー。
その近郊にあるドイツ屈指のホーローメーカーAlape(アラぺ)社。
1896年創業 100年以上に渡りAlape社が世界中で選ばれ続ける理由。
それは歴史だけではなく、ホーローという材質を知り尽くし造りだされた類いなきデザインと、品質にあります。

point 1
歴史を刻むと共に進化し、人々を魅了し続けるデザイン

80年代以降、ヨーロッパ屈指の総合デザイン事務所のひとつ、Sieger Design(ジーガーデザイン)との協働により、ホーローならではの特性をいかし、シンプルでよりシャープなデザインへと一新。人々の理想の空間作り”Shaping Space”をモチーフに、単なる器具として洗面器をとらえるのではなく、人々の暮らしをより豊かな空間へと導くものとして、歴史を刻むと共に進化し独創的な商品の数々を生み出してきました。

collaboration
Busalt Design(ブッサルトデザイン)独デザイン事務所。Alape社を始め、SIEMENS (シーメンス)、GAGGENAU (ガゲナウ)等、国際的な企業を顧客とし、レッドドット、AIT・グッドデザイン賞等、国際的なデザイン賞を多数受賞。「素材の本質を純粋に見極める」その設計手法は、極限までそぎ落とされた無駄のないデザインを生み出し、人々を魅了し続けています。

Yorgo Lykouria(ヨルゴ・リコウリア) デザインディレクター。 Alape社を始め、Vitra、Moroso、Ferrari等を顧客とし、ベルリンのソニー・センター、ケルン空港のインテリア設計等のを手がける。「機能美と完ぺきなバランスより、使い手に新たな経験を生み出す詩的なデザイン」は、日常に発見と驚きをもたらします。

point 2
理想の空間を創造する製造メソッド

鋼板という材質の特徴を最大限に生かし、自由自在にプレスするAlape社の技術は、セラミック製品とは一味違う薄くシャープなエッジを実現可能にしました。約830度の熱で金属にガラスの釉薬を焼きつける工法は、耐久性・耐薬品性・耐磨耗性に優れ、軽量かつ寸法精度も高く、ホーローならではのシャープなフォルムと、艶感に富んだ透明感のある白を可能にしています。

point 3 6つの特性

precision

寸法精度
最大公差±1mmの高い寸法精度を誇る。施工条件に沿った、自由度の高い独自の工法を確立

durability

耐久性
金属にガラスの釉薬を焼きつけるホーローは、耐熱性、耐久性、耐薬品性、耐摩耗性や耐衝撃性に優れ、省メンテナンス

antibacteria

清掃性
汚れの粒子や、微生物を蓄積しない細孔のない硬質な表面仕上げは、衛生的

 

lightness

軽量
僅か1.5~3mmの極薄な特殊鋼板により形成される製品は、セラミック製の手洗器と比較し、約4倍も軽量

environment

環境への配慮
カドミウム、鉛、化学溶剤などの有害物質を含まない環境に優しい生産プロセス

wightlessness

輸送コスト
非常に軽量なホーローは、1プロジェクトあたりの人員・時間・輸送コストも削減

水まわり空間における洗面器の存在は、空間を引き立てると同時に主役にもなり得る存在です。手を洗う、顔を洗う・・・と言った目的だけで洗面室をとらえるのではなく、そこで過ごす時間をより豊かに、快適に過ごす事を考え、材質もこだわって洗面器を選んでみてはいかがでしょうか。

Dornbracht ドンブラハ特集 vol 1

2017年10月12日掲載

単なる実用品であった蛇口に初めてデザインという付加価値をつけたドイツの高級水栓金具メーカードンブラハ社のデザイン哲学をご紹介。

Proportion 比率・Precison 精度・Progressiveness 革新・Personality 個性・Performance 性能

5つの特性と相互作用が創造する独自のフォルム

-比率:美を的確に見極め、常にバランスの取れた調和もたらすこと
-精度:綿密な計算により、正確かつ明確に設計されたフォルムであること
-革新:新鮮な驚きを常に与える近代的なデザインを生み出すこと
-個性:独創的かつ特徴的なフォルムがドンブラハらしさを表現すること。
-性能:水が本来もつ性質と能力を最大限にいかすこと

Dieter-Sieger

「宝石のように美しい」と称されるドンブラハの水栓金具を語る上で、欠かす事ができないのが、ヨーローッパ屈指の総合デザイン事務所 Sieger Design(ジーガ・デザイン)です。1985年より始まったドンブラハとのパートナーシップは現在に至り、協働により独創的な作品の数々を生み出してきました。

ジーガ・デザインの創設者であるDieter Sieger(ディータ・ジーガ)は、ドイツ・ドルトムント美術学校を卒業後、建築事務所を設立。豪華クルーザーの製造を手掛けたことをきっかけに水まわり製品のデザインをはじめ、質実剛健を旨とするドイツ工業デザインの世界で様々な色彩を取り入れたデザインを発表し、各方面に多大な影響を与えました。現在は二人の息子クリスチャン(経営専門家)とマイケル(デザイナー)、約30名以上のデザインチームと、世界に広がる300名のデザイナーと共に、有名メーカーの様々なプロジェクトを手掛けています。

TARA
CL1_2
DB1

シャープかつ先進的なものから、シックでゴージャスなものまで様々な趣向やニーズを想定しデザインされたドンブラハ社の製品。
非凡で飽きのこない洗練されたバラエティーに富んだシリーズの数々は、本物がもつ良さとちょっとした冒険心、そして、使う楽しみを教えてくれます。

ガラス手洗器

2017年07月03日掲載

陶器や磁器が主流な手洗器。そんな手洗い空間のイメージを全く違うテイストに仕上げてくれるのが、ガラス製の手洗器です。
ガラスの美点は、やはり透過性があること。光を取り込み見せるさまざまな表情は、適度な開放感と癒しをもたらしてくれます。
限られたスペースだからこそ、選ぶ時に大切にしたいこと・・・。それは、自分が好きなデザインを選び、楽しむこと。
暮らしの中に、さりげない楽しみを加えてみてはいかがでしょうか?

材質の特徴を最大限に活かしデザインされた
リラインスの宙吹きガラス手洗器。

Clair Glass series
クレールグラス・シリーズ

ガラスを透過する美しい光をテーマに、ストライプや泡のモチーフを表現したクレールグラス・シリーズ。雫のような丸みを帯びた深型の形状は、水跳ねも軽減してくれるので安心してご利用いただけます。

デザインは、クレールシャボン、ブラン、ブランストライプ、ノアールストライプの4タイプ。

Moon Glass series
ムーングラス・シリーズ

優雅に変化していく月の光をモチーフにしたムーングラス・シリーズ。
1つ1つ丁寧に作られた手作りらしい柔らかなフォルムと、色ガラス特有の奥深い透明感は、光のいたずらにより絶妙なニュアンスを空間に添え楽しませてくれます。

バリエーションは、シンプルな1色づかい、内側と外側で異なる表情を見せてくれる2色づかい、月の光に彩られた湖面の波紋をイメージしたスパイラルの3タイプ。

宙吹きガラスと型吹きガラスについて

「吹きガラス」には2種類:宙吹きガラスと型吹きガラスがあります。基本はどちらも同じ、吹き竿の先端に高温で溶かしたガラスを巻き取り、できたガラス玉の内側に息を吹き込み形が歪まないように、竿をクルクルと常時回転させながら形作ります。

宙吹きガラス

空中で竿に息を吹き込みながら成形する方法、それが「宙吹きガラス」です。
溶けたガラスの重さに働く重力と、竿を回す際の遠心力だけで形を整えます。
型にははめず職人が1つ1つ作り上げるため、それぞれ微妙に形が異なる為、まるみを帯びた優しいフォルムが魅力です。

型吹きガラス

吹き竿につけたガラス玉を型に差込んだ状態で竿に息を吹き込み成型する方法、それが「型吹きガラス」です。
型には主に、金型・木型・石膏型などがあり、同じような形の製品を大量に製作する際につかわれます。
型を使う利点として、宙吹きガラスよりもシャープな形を形作ることが可能です。

製造工程

1.吹き竿の先にタネをつける

p_1

2. ガラス球の形を整える

p_2

3. 意匠を付ける

p_3

4.宙吹き

p_4

5.器の口を開く

p_5

6. 器の形を整える

p_6

ガラスの歴史

ガラスの歴史は古くその起源は明らかにはなっていませんが、最古のガラスは約4500年前、古代オリエント、メソポタミアで誕生したと考えられています。エジプトで始まったと考える研究者もいますが、エジプトのガラスはメソポタミアの地から伝わったという説が有力とされています。
日本におけるガラスの始まりは、正倉院に多数の玉類が保存されている事より、飛鳥・奈良時代にガラスの原料が作られるようになったと考えられいます。16世紀に入ると、西欧の文化が長崎を通り伝来。海外との交渉が活発になり、ビイドロやフラスコといったガラス製品が普及。明治時代になると、ガラスくずが輸入されるようになった事により、東京のガラス職人が、安いガラスを製造するようになりました。一方、ガラスの発展のためには、工場で作るのが良いと考えた政府は、機械を導入したり、海外より技術者を招いた結果、小規模の企業になるほどの発展を遂げました。

ガラスの由来

古くは、瑠璃(ルリ)や玻璃(ハリ)と呼ばれていたガラスは、江戸時代から明治初頭にかけて、ポルトガル語のVidro、オランダ語のDiamantを語源とする「ビードロ」「ギヤマン」と呼ばれるようになりました。さらに時代をへて、オランダから伝わったGlasガラスという言葉が一般的に使われるようになり、今日に至りました。
また、硝子と書いてガラスと読むのは、原料に硝石(ショウセキ)を使っていることより、明治初年、官営の品川硝子製造所が使ったのが初めといわれています。

※参照:一般社団法人日本ガラス製品工業会

Mirro ミラー

2017年05月12日掲載

ミラー
Mirror

姿を映したり、身だしなみを整えるだけではなく、空間に広がりを持たせてくれるアイテムとして有効的なアイテム、「ミラー」。
空間の印象を決定づける重要なアイテムの1つだからこそ、スタイルにあったお好みのミラーを選んでみてはいかがでしょうか?

空間を広く見せる

部屋を広くみせる方法として、使う素材やカラーを統一したりする他に、鏡を活用する方法があります。例えば、窓のない空間や、高さをとることのできない場合、横長の鏡を設置するのも一案です。横長に設置した鏡の効果により向かい側の壁が写り込み、重層感による奥行きを演出することができます。また、窓のない洗面室には外光を取り込む窓の役割も果たしてくれるため空間に開放感をもたらしてくれます。

m1

スタイルを考える

空間のスタイルを演出するのに一役買ってくれるのが、フレームの有無です。
どこか温もりのある雰囲気を出したいのであれば、木製フレームの鏡を。
華やかな空間にしたいのであれば、装飾のあるフレームを。
ミラーを強調しすぎたくない場合はアルミフレームのものや、思い切ってフレームのない鏡を壁全面に取り入れスッキリと。
装飾の有無により、空間にあたえる印象はことなってきます。

空間にアクセントをつける

インテリアとしてアクセントをもたせたい場合、デザイン性の高いミラーを使ってみるのも良いかもしれません。
贅沢なボリューム感と透明感あふれるアクリル製のミラーをランダムに組み合わせ、リズム感をもたせて空間を楽しく演出してみては?!

dms3
UB_SR650

生活スタイルや、お掃除面などの使い勝手も考慮して、自分のスタイルにあわせてお気に入りの鏡を是非見つけてください。
Mirroミラーを検索する

鏡の豆知識

腐食=シケとは?!
一般的に鏡は、耐食、耐久性のある保護塗料膜、銅膜、銀幕、そしてガラス部の4層の反射金属膜により構成されています。しかし、高温、多湿の過酷な環境下や長期にわたる使用により、反射金属膜に腐食性物質が進入し、銀、銅膜が腐食劣化した結果、変色や変質が進んだ状態を「腐食=シケ」と言います。参照:日本規格協会