2017年7月27日

置き型バスルームアクセサリーシリーズ:Bath Accent

インテリアとしての水まわりを考える

一日の始まりに足を踏み入れる洗面は、すっきりとした気持ちの良い空間にしたいものです。好みや条件に合わせた「こだわりのバスルームアクセサリー」を取入れることで、水まわりの雰囲気を賢く、美しく、そして実用的にかえてみてはいかがでしょうか?

バスルームアクセサリーの機能美を追求した逸品-Bath Accent シリーズ。
施工の必要がない自由度の高い置き型タイプのバスルームアクセサリーは、錆びにくいステンレスの中でも耐食性に優れる*SUS304を使用。「金物の聖地」燕三条で造られた全て日本製アイテムは、インテリアとしても飽きのこない見せて美しい「絵になる」一品です。

*SUS304:オーステナイト系ステンレス(主成分 Cr=18% Ni=8%) 炭素量が少なく耐食性、強度、溶接性に優れた高級ステンレス鋼。SUSは、Steel(鋼) Use(用途) Stainless(ステンレス)の頭文字。

item.01 
タオルパーテーション

アームの角度を調整して、スペースに合わせ置くことが可能なタオルパーテーション。タオルの量が少ない時や、使わない時はコンパクトサイズに収納が可能。

item 02.
ペーパースタンド+ペーパーストック

壁に穴を開ける必要がないシンプルなスタンド型のペーパーホルダー&ペーパーストック。家中で一番小さな空間を魅力的で、洗練されたスペースに。

item03.
タオルスタンド

大判サイズのバスタオルも広げて掛けられる、ゆったりとしたサイズが嬉しいタオルスタンド。

ステンレスの特徴

Stainless Steel=「さびにくい鋼」という意味で幅広く知られるようになったステンレス鋼は、「炭素が 1.2%以下で、クロムを 10.5%以上含む」鉄にクロムを加えた特殊鋼です。名の示す通り、 耐食性に優れている以外にも、耐熱性・加工性・強度など優れた特性を備えているステンレス鋼は、意匠性にも優れ、メンテナンスも容易な水まわりに強い魅力的な材質です。

ステンレスが「錆びにくい」理由

ステンレスの最大の特長である錆びにくい性質の秘密は、クロム(Cr)が酸素(O2)と結合することによりステンレスの表面に作られる「不動態皮膜」と呼ばれる保護皮膜に隠されています。 不動態皮膜は、ガラスのように綿密で密着性の良い構造となっているため、ステンレスに巧く附着し、厚さわずか1~3nm程の非常に薄く肉眼では確認する事のできない科学的に安定した膜をはり、さまざまな媒体を遮断します。

では、「不動態皮膜」が破壊されたらどのようになるのでしょうか・・・?

不動態皮膜の最大の特徴は、自己修復機能を持っている点にあります。使用中に不動態皮膜が破れても、鋼中のクロム(Cr)と大気中等の酸素(O2)とが結合し、同じ皮膜を瞬時に再生します。再生に時間がかかれば、酸化が進行し錆びの原因に・・・。「瞬時に再生する」というこの特徴が、ステンレスが「錆びにくい」といわれる秘密です。

*1nm=1mの10億分の1  ( nm:ナノメートル )

fudoutaihimaku_zukai

不動態皮膜:クロム(Cr)と酸素(C2)の結合により作られる、保護皮膜。

豆知識 -ステンレスのはじまり-

19世紀中期 イギリス人学者H.Brearleyは軍の委託により小銃や大砲に使用されている鉄の改良に努めていました。ある日、Brearleyは偶然にも錆びていない試験片を廃材置場の山から見つけ、その鉄片がクロムを13%以上含んだ合金であったことより、クロムの含有量で鉄は酸腐食に耐える事を発見しました。その後、Brearleyは発見した合金を刃物メーカーの協力を得て食卓用のナイフに試作し、ステンレス鋼“Stainless Steel”の愛称をつけ特許を取得。ステンレス製造技術は急速に広まっていきました。

<参照URL:ステンレス協会 http://www.jssa.gr.jp/