reliance_catalog_2020
246/260

取扱説明集取説24 R2615/R2606/R2607サイド壁が無い場合̶R2606壁に適した製品ガイド両サイド壁の場合̶R2615壁壁ロイハ取付手順1.2.取付板イをサイド壁に取付けます。ハ本体にボルトをねじ込み(アジャスト可) イにはめ込みます。間口が2,000m/m以上の場合̶R2606のみ、R2615は特注可(センターブラケットR2606-Sのジョイントにて対応)壁取付手順注)壁補強が不充分な場合、壁が破損したり、棚が脱落するおそれがあります。(厚さ40mm以上)取付座モルタル又はタイル取付ネジ(4X40)ナベタッピングスクリュー+プラグコンクリートコンクリートの場合は40mm以上の壁厚が必要です。●下記に従って壁補強して下さい。コンクリート下地の場合壁面種類別取付例品番R2524と品番R2625ではホルダーとハンガーパイプφ25の位置が変わります。ブラケットキャップ取付ネジ(4x40)平座金ブラケット取付座205パイプφ25パイプφ19ホルダー(下)前後ホルダー(上)取付穴開け寸法木下地の場合はt=40mm以上で構造材にしっかり固定して下さい。木下地の場合(厚さ40mm以上)補強木ナベタッピングスクリュー取付ネジ(4X40)+壁パネル取付座2051.取付け位置を決めネジ穴位置にキリ、ドリルなどでφ2.5mm程度の下穴をあけてください。2.左図の要領で壁に取付座をしっかりと固定してください。3.棚部分を組立て取付座にはめ込み、ブラケットキャップを取付ける。ガタツキがないかを確認し完了です。取説25 R2624/R2625取説22 R2839(鏡裏ペーパータオルボックス)ご使用に必要な空間の取合い52±1330±13060±1235±1取付穴ピッチ取付ネジ255mm以上360mm以上160mm以上(カウンター面から)170mm以上取付手順紙を積み重ねる場合、1パック目最後の紙と2パック目の最初の紙を抱合せてください。下地コンクリートブロックの場合紙タオルのセットのしかた下地軽鉄の場合木枠25×75モルタルブロックメタルラス軽鉄ボード板本体巾より3~5mm広く壁穴開口をあけて下さい。ペーパータオルボックス3~5m/m3~5m/m537取説23 R3636/R3600/R3601/R3602/R3605/R3608/R3618/R3630/R1051(埋込み型ボックス)1.2.本体埋め込み部分より3~5mm広く壁穴開口を開けてください。床との水平を確認し、ボックスの内側からタッピングネジで固定します。両サイドに軽鉄又は木枠による補強1W+3~5mmH+3~5mmWH2使用可能タオル寸法218×230mmの紙の大きさで折り方により合わない種類があります。●業務用二枚重ね(218×230mm)※R2841は(  )二枚重ね(170×218)mmをご使用下さい。220●ペーパータオル(220×230mm)※ R2841は(220×170)mmをご使用下さい。2615/R2606/R2607サイド壁が無い場合̶R2606壁に適した製品ガイド両サイド壁の場合̶R2615壁壁ロイハ板イをサイド壁に取付けます。体にボルトをねじ込み(アジャスト可) イにはめ込みます。間口が2,000m/m以上の場合̶R2606のみ、R2615は特注可(センターブラケットR2606-Sのジョイントにて対応)壁注)壁補強が不充分な場合、壁が破損したり、棚が脱落するおそれがあります。(厚さ40mm以上)取付座モルタル又はタイル取付ネジ(4X40)ナベタッピングスクリュー+プラグコンクリートコンクリートの場合は40mm以上の壁厚が必要です。●下記に従って壁補強して下さい。コンクリート下地の場合壁面種類別取付例品番R2524と品番R2625ではホルダーとハンガーパイプφ25の位置が変わります。ブラケットキャップ取付ネジ(4x40)平座金ブラケット取付座205パイプφ25パイプφ19ホルダー(下)前後ホルダー(上)木下地の場合はt=40mm以上で構造材にしっかり固定して下さい。木下地の場合(厚さ40mm以上)補強木ナベタッピングスクリュー取付ネジ(4X40)+壁パネル取付座205け位置を決めネジ穴位置に、ドリルなどでφ2.5mmの下穴をあけてください。の要領で壁に取付座をしっと固定してください。分を組立て取付座にはめ込ブラケットキャップを取付。ガタツキがないかを確認了です。2624/R26252839(鏡裏ペーパータオルボックス)間の取合い52±1330±13060±1235±1取付穴ピッチ取付ネジ255mm以上360mm以上160mm以上(カウンター面から)170mm以上紙を積み重ねる場合、1パック目最後の紙と2パック目の最初の紙を抱合せてください。下地コンクリートブロックの場合紙タオルのセットのしかた下地軽鉄の場合木枠25×75モルタルブロックメタルラス軽鉄ボード板本体巾より3~5mm広く壁穴開口をあけて下さい。ペーパータオルボックス3~5m/m3~5m/m5373636/R3600/R3601/R3602/R3605/R3608/R3618/R3630/R1051(埋込み型ボックス)..本体埋め込み部分より3~5mm広く壁穴開口を開けてください。床との水平を確認し、ボックスの内側からタッピングネジで固定します。WH2使用可能タオル寸法218×230mmの紙の大きさで折り方により合わない種類があります。●業務用二枚重ね(218×230mm)※R2841は(  )二枚重ね(170×218)mmをご使用下さい。R3636/R3605/R3616/R3605/R3618/R1051(埋込み型ボックス)(ワードローブ棚)取説19取説20取説21取説22R2839(鏡裏ペーパータオルボックス)R3636/R3605/R3616/R3618/R1051(埋込み型ボックス)R2615/R2606(ワードローブ棚)R2624/R2625(ワードローブ棚)244

元のページ  ../index.html#246

このブックを見る