reliance_catalog_2020
243/260

施工例取付座の種類R520対象R203̶S R254̶A R254̶BR254̶M R254̶TR251 R5211.2.3.4.5.6.取付位置のセンターを決め、ネジ穴位置を決めます。タイルにジャンピング(タイルタガネ)でマークします。タイル用ドリル刃φ6.4mmにて深さ30mm程度穴堀りします。アンカープラグ(カールプラグ又はフィッシャープラグ)を挿入します。取付座に取付ネジを通してねじ込み、取付座を固定します。取付座にブラケットを被せて、ブラケットにガタつきがない様に、ブラケット固定ネジを締めて固定し、完了です。1.※2.3.4.取付位置のセンターを決め、ネジ穴位置を決めます。壁材が厚さ6mm以下の場合は、あらかじめ壁裏面に裏補強してください。下穴φ3m/mを、キリ・ドリルなどであけます。取付座に取付ネジを通してねじ込み、取付座を固定します。取付座にブラケットを被せて、ブラケットにガタつきがない様に、ブラケット固定ネジを締めて固定し、完了です。1.2.※3.4.取付位置のセンターを決め、ネジ穴位置を決めます。下穴φ3m/mを、キリ・ドリルなどであけます。タッピングネジですが、補強の為必ず壁裏面に裏補強してください。取付座に取付ネジを通してねじ込み、取付座を固定します。取付座にブラケットを被せて、ブラケットにガタつきがない様に、ブラケット固定ネジを締めて固定し、完了です。28取付座取付座センターブラケット止めネジタイル駆体モルタル28取付座取付座センターブラケット止めネジ石膏木片28取付座取付座センターブラケット止めネジ新建材化粧膏木片取付座イを取付ネジロで壁に固定します。ブラケットニを取付座イに被せ、下部よりブラケット固定ネジハを締め込み、完了です。1.2.取付手順取説12 R203/R254/R1055/R1155/R1065/R251/R521/R5201. 取付け位置を決めネジ穴位置にキリ、ドリルなどでφ2.5mm程度の下穴をあけます。2. 左図の要領で壁に受け金具をしっかりと固定します。3. 棚板を差込みガードバーで固定し、ガタツキがないかを確認し完了です。取説13 R2106取付手順取付穴開け寸法壁面種類別取付例1.在来工法(Cタイプネジ使用)2.パネル工法(Cタイプネジ使用)プラグモルタル又はタイルガードバー受け金具裏補強(厚さ40mm以上)壁パネルガードバー受け金具コンクリート(厚さ40mm以上)4mm取付ネジ + ナベタッピンネジ4mm取付ネジ + ナベタッピンネジワッシャー(W4)ワッシャー(W4)+ワッシャー(W4)コーナー受け金具ガードバー4mm取付ネジ(締付トルク15kgf・cm以下)ナベタッピンネジガードバー受け金具棚板ドリル150353515090±1°取説11 R450(ユニバーサルシート)壁補強の方法 ユニットパネルの場合 ※参考ブラケット木補強(厚さ12mm以上)取付ネジ(M6×L)六角ボルト○パネルの場合は、下図のようにしっかり補強してください。表面パネル表面パネル木補強(厚さ12mm以上)補強板(厚さ3.2mm以上)補強板(厚さ3.2mm以上)床取付手順上図に従ってユニバーサルシートを壁に取付け、ネジキャップをセットしてください。(注)取付けネジを取付ける際は、シリコンを注入して確実に締めてください。 取付後、ご使用方法を参照し、シートがスムーズに動くかご確認ください。パッキンSブラケットシート壁付属品ネジキャップ(注)木下地の場合は、コーチスクリュー(6×L)となります。パッキンLドリル付属品取付ネジ(M6×L)六角ボルト30016070DOWNFLUPコンクリート下地の場合木下地の場合ブラケットブラケット構造材プラグモルタル又はタイルコンクリート(厚さ100mm以上)木補強(厚さ50mm以上)取付ネジ(M6×L)六角ボルト取付ネジ(6×L)コーチスクリュー○ コンクリートの場合は、100mm以上の  壁厚が必要です。○ 木補強の場合は、t=50mm以上で 構造材にしっかり固定してください。150900250イロハニ(フック)取説9取説10取説11R450(ユニバーサルシート)R203/R254/R251/R521/R520(フック)R2106(化粧棚)241

元のページ  ../index.html#243

このブックを見る