reliance_catalog_2020
242/260

取扱説明集取説9 R291(スライドシャワーフック)分解の方法取付手順本体Bバンド固定レール本体Aバンドパイプレバー本体B本体A2. パイプを本体A・Bで挟み込み、レバーを押しながら本体Aを下へスライドさせてください。3. 本体Aを本体Bの○で囲んだ部分が隙間なく当たりきるまでしっかりと押し込み、バンドが沈み込む様しっかり締めてください。1. 組まれた状態の本体A・Bとバンドが各1個入っているか確認して下さい。 本体A・Bにある固定レールをスライドさせ外します。本体木補強(厚さ15mm以上)取付ネジ(M6×70)六角ボルト表面パネル表面パネル木補強(厚さ15mm以上)補強板(厚さ3.2mm以上の 物を別途ご用意 ください)補強板(厚さ3.2mm以上の物を 別途ご用意ください)床1400700(推奨位置)本体構造材木補強(厚さ60mm以上)取付ネジ(6×60)六角タッピンネジ本体プラグ(市販別売品)モルタル又はタイルコンクリート(厚さ100mm以上)取付ネジ(6×60)六角タッピンネジ取説10 R457(跳ね上げ可動式手摺)壁補強の方法 ユニットパネルの場合○パネルの場合は、下図のようにしっかり補強してください。取付手順左図に従って跳ね上げ可動式手すりを壁に取付け、ネジカバーをセットしてください。(注)取付けネジを取付ける際は、シリコンを注入して確実に締めてください。 取付後、ご使用方法を参照し、手すりがスムーズに動くかをご確認ください。※1、「ご使用上の注意」シールを見やすい位置にお貼りください。※2、ネジカバーには、上下位置があります。(下図参照)コンクリート下地の場合木下地の場合○ コンクリートの場合は、100mm以上の  壁厚が必要です。○ 木補強の場合は、t=60mm以上で 構造材にしっかり固定してください。ブラケット壁 ドリル(下穴を開ける) ※2 上側ネジカバー(溝部を上側へ) ※2 下側ネジカバー(溝部を下側へ)取付ネジ(565)27085FLスプリングワッシャーワッシャー取付ネジスプリングワッシャーワッシャー※1「ご使用上の注意」シール組み立て方パイプを本体A,Bではさみ込み、固定レールをスライドさせ、リングを本体に、はめ込みます。(注)凸凹付パイプ(φ30用)に取付の際は、パイプ凸部とブッシュの凹部の位置を必ず合わせて取付けてください。本体A本体Bレバー固定レールパイプリング取説8 R29(スライドシャワーフック)取説9 R291(スライドシャワーフック)分解の方法取付手順本体Bバンド固定レール本体Aバンドパイプレバー本体B本体A2. パイプを本体A・Bで挟み込み、レバーを押しながら本体Aを下へスライドさせてください。3. 本体Aを本体Bの○で囲んだ部分が隙間なく当たりきるまでしっかりと押し込み、バンドが沈み込む様しっかり締めてください。1. 組まれた状態の本体A・Bとバンドが各1個入っているか確認して下さい。 本体A・Bにある固定レールをスライドさせ外します。本体木補強(厚さ15mm以上)取付ネジ(M6×70)六角ボルト表面パネル表面パネル木補強(厚さ15mm以上)補強板(厚さ3.2mm以上の 物を別途ご用意 ください)補強板(厚さ3.2mm以上の物を 別途ご用意ください)床1400700(推奨位置)本体構造材木補強(厚さ60mm以上)取付ネジ(6×60)六角タッピンネジ本体プラグ(市販別売品)モルタル又はタイルコンクリート(厚さ100mm以上)取付ネジ(6×60)六角タッピンネジ取説10 R457(跳ね上げ可動式手摺)壁補強の方法 ユニットパネルの場合○パネルの場合は、下図のようにしっかり補強してください。取付手順左図に従って跳ね上げ可動式手すりを壁に取付け、ネジカバーをセットしてください。(注)取付けネジを取付ける際は、シリコンを注入して確実に締めてください。 取付後、ご使用方法を参照し、手すりがスムーズに動くかをご確認ください。※1、「ご使用上の注意」シールを見やすい位置にお貼りください。※2、ネジカバーには、上下位置があります。(下図参照)コンクリート下地の場合木下地の場合○ コンクリートの場合は、100mm以上の  壁厚が必要です。○ 木補強の場合は、t=60mm以上で 構造材にしっかり固定してください。ブラケット壁 ドリル(下穴を開ける) ※2 上側ネジカバー(溝部を上側へ) ※2 下側ネジカバー(溝部を下側へ)取付ネジ(565)27085FLスプリングワッシャーワッシャー取付ネジスプリングワッシャーワッシャー※1「ご使用上の注意」シール組み立て方パイプを本体A,Bではさみ込み、固定レールをスライドさせ、リングを本体に、はめ込みます。(注)凸凹付パイプ(φ30用)に取付の際は、パイプ凸部とブッシュの凹部の位置を必ず合わせて取付けてください。本体A本体Bレバー固定レールパイプリング取説8 R29(スライドシャワーフック)取説9 R291(スライドシャワーフック)分解の方法取付手順本体Bバンド固定レール本体Aバンドパイプレバー本体B本体A2. パイプを本体A・Bで挟み込み、レバーを押しながら本体Aを下へスライドさせてください。3. 本体Aを本体Bの○で囲んだ部分が隙間なく当たりきるまでしっかりと押し込み、バンドが沈み込む様しっかり締めてください。1. 組まれた状態の本体A・Bとバンドが各1個入っているか確認して下さい。 本体A・Bにある固定レールをスライドさせ外します。本体木補強(厚さ15mm以上)取付ネジ(M6×70)六角ボルト表面パネル表面パネル木補強(厚さ15mm以上)補強板(厚さ3.2mm以上の 物を別途ご用意 ください)補強板(厚さ3.2mm以上の物を 別途ご用意ください)床1400700(推奨位置)本体構造材木補強(厚さ60mm以上)取付ネジ(6×60)六角タッピンネジ本体プラグ(市販別売品)モルタル又はタイルコンクリート(厚さ100mm以上)取付ネジ(6×60)六角タッピンネジ取説10 R457(跳ね上げ可動式手摺)壁補強の方法 ユニットパネルの場合○パネルの場合は、下図のようにしっかり補強してください。取付手順左図に従って跳ね上げ可動式手すりを壁に取付け、ネジカバーをセットしてください。(注)取付けネジを取付ける際は、シリコンを注入して確実に締めてください。 取付後、ご使用方法を参照し、手すりがスムーズに動くかをご確認ください。※1、「ご使用上の注意」シールを見やすい位置にお貼りください。※2、ネジカバーには、上下位置があります。(下図参照)コンクリート下地の場合木下地の場合○ コンクリートの場合は、100mm以上の  壁厚が必要です。○ 木補強の場合は、t=60mm以上で 構造材にしっかり固定してください。ブラケット壁 ドリル(下穴を開ける) ※2 上側ネジカバー(溝部を上側へ) ※2 下側ネジカバー(溝部を下側へ)取付ネジ(565)27085FLスプリングワッシャーワッシャー取付ネジスプリングワッシャーワッシャー※1「ご使用上の注意」シール組み立て方パイプを本体A,Bではさみ込み、固定レールをスライドさせ、リングを本体に、はめ込みます。(注)凸凹付パイプ(φ30用)に取付の際は、パイプ凸部とブッシュの凹部の位置を必ず合わせて取付けてください。本体A本体Bレバー固定レールパイプリング取説8 R29(スライドシャワーフック)取説6取説7取説8R29(スライドシャワーフック)R291(スライドシャワーフック)R457(跳ね上げ可動式手摺)240

元のページ  ../index.html#242

このブックを見る