reliance_catalog_2020
236/260

取扱説明集ドンブラハ(DORNBRACHT)水栓金具についてのご案内洗面器・手洗器の排水口径についてPLAN1 2ヶ所吐水PLAN2 2ヶ所吐水PLAN3 2ヶ所吐水PLAN4 3ヶ所吐水PLAN5 3ヶ所吐水欧 州 仕 様水圧について日本・アメリカ仕様 使用条件について□水質 ・ 弊社水栓金具には、上水及び使用可能な井戸水を使用してください。 ・ 温泉水や鉱泉水は、器具の破損や故障の原因になる恐れがあるため適していません。□水圧 ・ 弊社水栓金具に供給可能な水圧は、最大1.0[MPa](静水圧)です。 ・ DORNBRACHT水栓金具を快適にご使用頂ける給水圧力は、器具入り口で0.25[MPa](動水圧)を目安としてください。  (注)快適な水量は、使用される方によって異なります。 ・ 給水圧力と給湯圧力に差が生じてしまう場合には、圧力比を、給湯圧力1に対して給水圧力1~1.3以内としてください。□温度 ・弊社水栓金具に供給可能な水温は、最大85℃です。 ・ 給湯温度が85℃より高温になると、ゴム部品等の劣化が早くなることがあります。 寒冷地対応品についてDORNBRACHT水栓金具は、寒冷地対応品ではありません。予めご了承ください。 デッキ型バス用混合栓について□デッキ下部から吐水口・ハンドル部の締付固定が必要です。□ 施工及びメンテナンスのために必ずデッキ下部に点検口を設け、作業可能なスペースを確保してください。□ 取付方法の詳細については、別途施工説明書をご用意しております。お問い合わせください。 施工について□ ホース類の曲げ直径についてDORNBRACHT 水栓金具の給水・給湯フレキホースの最小曲げ直径は右図の通りです。 (注) 給水部材:T10-13-400 ベンリー管のみ、R=最小80[mm]となります。□ 水受容器についてDORNBRACHT「キッチン用混合栓ハンドシャワー付」には、水受容器が付属しています(水栓とは別梱包)。水受容器は、シャワーホースからの水垂れを防止するためのものですので、必ず設置してください。 維持管理/お手入/定期点検について□ 水栓金具には、消耗部品や摩耗・劣化する部品が含まれています。これらの部品は、日常のお手入れとは別に、適切なメンテナンスや部品交換を行うことにより維持管理していただけますようお願いします。  特に、断水等の負圧発生時に水(汚水)の逆流を防止する逆流防止弁は、3~5年を目安に点検・交換していただくことをお勧めします。  その他の消耗部品や摩耗・劣化部品については、5年を目安に交換していただけますようお願いします。□ 水栓金具には、1ヵ月に1~2回程度は通水し、同時に可動部(吐水口等)を動かしてください。長期間使用せずに使用すると、水あか等が付着して動きにくくなります。□ 出水部や操作部、および配管接続部からの水漏れや、器具のガタつきがないことを定期的に確認してください。□ 洗面用水栓やキッチン用水栓は、キャビネット内部に漏水や水溜りがないことを定期的に確認してください。RR=最小70[mm]□排水口径は洗面器・手洗器によって異なります。本カタログに掲載している組合せ以外の排水部材を使用される場合は、予めお問い合わせください。□洗面器・手洗器の取付位置、給排水位置、寸法については図面をご参照ください。□水栓金具の吐水が泡沫タイプであっても、組合せる洗面器・手洗器によって、また供給水圧によって水はねすることがあります。予めご了承ください。□カウンターへの穴開けについて 陶器製・ガラス製の洗面器や手洗器は、寸法に多少の個体差が生じることがあります。現物に合わせて施工を行ってください。洗面器・手洗器の排水口径には、一般的に下記の2つの仕様があります。それぞれ対応する排水金具・排水トラップの掲載頁が異なりますのでご注意ください。 バス用水栓 組み合わせ / 取付位置ガイド234

元のページ  ../index.html#236

このブックを見る